So-net無料ブログ作成
検索選択

鼻づまりでレーザー治療を受けてきた [Etc]

鼻の中の粘膜をレーザーで焼く、「下鼻甲介粘膜焼灼術(かびこうかいねんまくしょうしゃくじゅつ)」という手術を受けてきました。

小学生の頃から、鼻炎による慢性的な鼻づまりを抱えていたのですが、鼻の内側の粘膜の腫れが鼻づまりの一因になっていたことがわかったので、粘膜をレーザーで焼いて収縮させ、鼻腔の幅を拡げて空気の通りを良くするという手術を受けました。今のところ、これまで経験したことがないほど、鼻の通りが良くなりました。

ネットで検索してみると、同様な症状で手術を受けている人がけっこういて術前の参考になったので、自分も以下をメモ。

経緯と症状、診断について

当初は鼻づまりとはまったくの別件でMRIをとったのが発端なのですが、当初想定していなかった顔面側に、なにやら〝影〟が映っていることがわかりました。

続けてCTをとったり、血液検査などを行った結果、〝影〟についてはポリープであることがわかり、鼻づまりと関連して以下のことがわかりました。

  • 鼻中隔(鼻の骨?)が湾曲しており、片一方の鼻腔を圧迫している
  • 鼻炎のせいで鼻の粘膜が膨張しており、さらに鼻腔を狭くしている
  • スギやらヒノキやら、冬以外は年中アレルギー性鼻炎を発している

→上記の影響を受けて、鼻腔の奥(上顎洞)にポリープができている

ポリープはCTをみると結構な大きさに見えたのですが、上顎洞(空間)に収まってる現状レベルである限りは支障は無いとのことでした。ただ、鼻炎を発症させたまま放置すると、さらに膨張して手術が必要になる恐れがあるとのことで、取り急ぎはポリープ抑止のケアが必要という診断結果を言い渡されました。

治療方法について

ハード(骨)とソフト(粘膜・アレルギー)、それに運用(鼻炎を放置)の複合的課題という感じですが、まずは以下を行うことになりました。

  • アレルギーは根本治療できないので運用(鼻炎対策)で対処 → 薬を処方:エバステル、ナゾネックス
  • 腫れた粘膜はレーザーで焼いて治療 → 手術:下甲介粘膜焼灼術
  • 鼻の湾曲は粘膜の改善を待って、それでも気になるなら検討

ポリープに関して言えばアレルギー対策を行えば大丈夫とのことだったのですが、粘膜の治療については、「慢性的な鼻づまりが改善する可能性がある」「たいした痛みも無く外来ですぐ終わる」と言われたので試してみることにしました。

手術について(下甲介粘膜焼灼術)

Step1.麻酔
手術よりも麻酔が一番、痛かったです。注射や噴霧式などを想像していたのですがそうではなく、液体の塗られたガーゼのようなものを鼻に突っ込まれました。容赦なくガンガン押し込まれ、これでもかと奥まで詰め込まれるのが痛くて涙が出ました。

Step2.レーザーで焼く
麻酔が効いて何も感じなくなったころ(15分くらい?)、ゴーグルをかけられて、鼻に筒のようなものを入れられて焼きに入りました。麻酔のおかげで、術中は痛みは感じません。

ただ時折、毛の焼ける臭い(鼻毛?)、そして〝ジュッ〟と何かが消失している感覚、そして肉の焼ける臭いが、はっきり知覚できました。自分の身体からもこんな臭いがするのか...と妙な感慨に浸ってて時間を忘れましたが、所要時間はそれほど長くはなかったと思います。

Step3.お会計
診療料と手術費用(両鼻)の合計で約1,800点。三割負担分で5,600円ほどでした。これはあくまでも手術代で、それ以前にCTやら血液検査やらの、検査や診療にこの数倍かかっています。

術後の経過について

手術当日
麻酔が切れた数時間後から、痛みや違和感を感じました。とはいえ耐えられない程のものではなく、軽くジンジン感じる程度です。午前に手術を受けて、午後から出社したのですが、鼻はほぼ閉塞状態で、会社では会話に難がありました。

翌日〜2・3日
痛みや違和感はだいぶ無くなりましたが、閉塞状態と鼻水が続きました。鼻をかむと、たまに血の混じった鼻水が出ました。

1週間経過
鼻づまりは続きましたが、閉塞状態がやや緩和されました。朝などに勢いよく鼻をかむと、特大サイズの異様な物体(全長2cm以上)が鼻から飛び出してきて驚きました。おそらく、かさぶた&膿みたいな感じだと思うのですが、かなりグロテスクでした。1週間後に病院で予後の確認と鼻の掃除をしてもらいました。

2週間経過
鼻水が続きました。鼻の通りは、だいぶ良くなったのが実感できるようになりました。血の混じった鼻水とグロテスクな物体(かさぶた)は、1回/2日ぐらいの間隔で捕獲できました。

現在(3週間弱経過)
薬の効果もあってか鼻水が随分と少なくなり、鼻づまりがほぼなくなりました。空気の通りは快適です。グロテスクな物体(かさぶた)はたまに出てきますが、サイズがだいぶ小さくなりました。

治療を受けてみて

上記のような経過で、鼻の空気の通りが確実に良くなって、かつてないほどスースーしていい感じです。同様な症状を抱えた人は、検査をおすすめしたい気分です。

ただし、お医者曰く、あくまでも焼いて収縮させただけなので、粘膜の状態は半年〜1年くらいで再び腫れてしまう可能性があり、永続するものではないという注意を受けました。この手間を毎年繰り返すことを思うと、再度受けるかどうかは今のところ微妙な判断です。

また自分の場合、鼻腔の空気の通りは確実に良くなったのですが、一方で喉の奥に何かが詰まって、頻繁に咳払いをしたくなるような現象/感覚が払拭されなかったので、どうも道半ばという感じが拭えていないのもあります。鼻の歪曲の影響かまたは長年の鼻づまりによる影響なのか、これはこれで別な原因があるのかも。。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

ましゃ

鼻以外に不調はありましたか?
私はアレルギー鼻炎で花粉症ですが、鼻の不調のほか、目がかゆかったり、耳がかゆかったりします。
効果が出るのは鼻引退してだけでしょうか?
また、ここでは「手術」と言う言葉を使っておられますが、個人で入っている医療保険は適用になるのでしょうか?

by ましゃ (2013-02-28 09:10) 

reepas

参考になりました。
ありがとうございます。
術後の経過や料金なども書いてくれてあり、
とても助かります。
by reepas (2013-09-10 21:24) 

りょくちゃ

私は中学1年生です。私も今日、下甲介粘膜焼灼術を受けました。まだ痛みが続きます。

by りょくちゃ (2016-02-04 22:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。