So-net無料ブログ作成

これ行きました:浅間山 [Etc]

浅間山は長野県と群馬県の県境に位置する活火山で、日本の百名山のひとつ。この春に登山規制が緩和されたので、火口にほど近い前掛山まで行ってきた。ちなみに登るのは3度目だけど、前掛山まで行ったのは初めて。

これまで関東近隣の山には幾つか登ってきたけど、自分の経験の範囲で思う浅間山の魅力は、“疲労対効果”がとても高い点だと思う。

ドコまで行っても似たような森林風景に、飽きてしまう山はけっこう多いが、浅間山はまずそういうことが無い。標高2,500m超で、登るのもそれなりに大変なのだけど、高山かつ活火山という環境もあってか、かかる苦労以上に、立ち現れる風景がバリエーションに富んでいる。次から次へと、めまぐるしく景色が変わるのでとても面白く、非常に登りがいがあるなぁと思える山。

そんな景色の移り変わりを、大きく4段階に分けると以下のような感じ。

1.森林地帯
ふもとにある浅間山荘からスタートし、途中で火山館という山小屋を経由する「火山館コース」。深い緑に囲まれた登山道が続く道のり。


木洩れ日と鳥のさえずりで、なんとも心地よい森林…などと都会に慣れてしまった今でこそ思うが、長野に住んでいた頃はなんの変哲もない日常風景。

ゼンマイの道。

スミレかな。

足場はそれほど悪くない。黒斑山を経由する「黒斑コース」より、こちらの方が楽な気がする。

2.亜高山帯
だいぶ登って森を抜けると、だんだんと高山っぽい、いかにもな景色になってくる。いつの間にか針葉樹に様変わり。周囲の尖った山々も見もの。


この辺はカモシカが出没するらしい。

鼻をつくむとーはっぷ硫黄の臭い。もう少し進むと、この赤茶色の液体が染み出ている岩壁が見られる。

日光が届かない場所では、5月でもまだ雪が残っている。昨年、GW期に登った際はもっと雪が深くて、膝までズッポリ埋まってしまい泣けた。

3.森林限界
針葉樹の中を登っていると、だんだん木々の高さに変化が出てきて、小低木ばかりの高山帯へ。殺伐とか寂寥とか、そういう言葉が浮かんでくるような風景が立ちあらわれてくる。


葉の緑が無くなり、絵的にも寒くておどろおどろしい雰囲気が漂い始める。実際、近くには「賽の河原」(三途川の河原)と呼ばれるエリアもあって、石とか積んであってなかなか怖い。夜来たらホントに鬼が出そう。奥に覗いてるのは浅間山の頂上。

だんだんコケのような低草ばかりに。大きめの岩が瓦礫のように転がっており、足場の悪さが気になってくる。歩きにくい。

振り返れば絶景。カルデラのくぼ地の向こう側に、外輪山である黒斑山などの稜線を望む。

黒斑山から続く外輪山の稜線。この稜線も渡ったことがあるが、滑落しそうでかなり怖い。下のくぼ地には外輪山に向かう人影が米粒のようなサイズで見えるが、この辺に来るともう、壮大すぎてスケール感が完全に狂う。中国の山奥とか他の惑星とか言われても信じてしまいそうな光景。

4.頂上付近
完全に植物が失われた、岩だけの地帯に。景色はやや単調になるが、活きた本物の火山に来た、という実感がある。


歩きにくくて仕方がない。ここまで来ると、道もない。ただの火山岩だらけの場所。

いざという時のためのシェルター。効果のほどは不明。

火口付近もカルデラ状になっており、前掛山がぐるっと囲う。写真の奥が前掛山の頂上。稜線に見えるポツポツは登山者。

火口。関東一円に、灰の雨を降らせた元凶。“ゴ、ゴゴゴ…ボゴッ、ゴポゴボゴポ…”という地鳴りのような音が響いていて、シャレになってない。たまに岩が滑落して、呑みこまれていく。山が生きてる。見てはいけないものを見てしまった感じ。

という感じで、浅間山はふもとの山荘からスタートして日帰りでも十分、行ける距離(可能であれば宿泊した方が楽だけど)。今回は山荘からの往復で約7h。自分のような初心者でも行ける道のりに、ほどほどの疲労で、これだけの風景の移り変わりを体験できるのはやっぱりおトクな気がする次第。

おまけスライドショー。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Google Font APIつかってみた [Web]

Google Font API を使ってみた。いわゆるWebフォント。

デバイスにインストールされたフォントではなく、Webからダウンロードしたフォントを使うしくみ。このAPIではまだ日本語のフォントは無いので、日本語には使えないのだけど、英語用だと以下のような感じ。

I want to go home. (IM Fell DW Pica)

I want to go home. (Josefin Sans Std Light)

I want to go home. (Reenie Beanie)

I want to go home. (Tangerine)

これけっこういい!

商用でWebフォトンを見かけるようになったけど、デザインを気にする企業サイトが使うものかと思っていた。が、案外普通のブログでもいい感じがする。現在のフォントの種類はこんな感じだけど、使いやすい日本語のフォントが増えれば楽しそう。

Google Font APIは使うのもカンタン。使いたいフォントを選んでリンクして、CSSで指定するだけ。So-netブログでも、HTMLの編集で<head>に入れてあげればすぐに使えます。

<link rel="stylesheet" type="text/css" 
href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Josefin+Sans+Std+Light">

詳しい使い方は、Google Font API にあります。

ヽ(´▽`)ノおおっ

ヽ(´ρ`)ノ たのしーぃ。

(´・A・`)

(´・ω・`)


(ノД`) 飽きた。

一行AAでやると少し微妙かな。。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

これ行きました:キャラメルボックス「ByeByeBlackbird」(ネタバレしません) [Art]

池袋のサンシャイン劇場で、キャラメルボックスの新作ByeByeBlackbirdを観てきた。

caramelbox

罹ると記憶を失ってしまうという熱病により、人生のある時点から数年〜数十年分の記憶をぽっかりなくしてしまった人たちの話。OLや食堂のおじさんから大学生まで、脳内だけ同じ高校時代に戻ってしまった登場人物たちが、社会復帰用の学校を舞台にドタバタを繰り広げる学園(?)ドラマ。

登場人物たちはみな、現在のステータス(身体や社会的立場)を残して記憶だけロールバックしてしまったので、現在の自分とのギャップや、経験したはずの出来事との間に整合をつけられず、戻ることのない記憶(自分)を求めて苦しんでいるというのが重いテーマ。その辺が切ないというか非常に辛いのだけど、暗い話ではないし、その分、話に深みがあって面白い。

ただ過去見たキャラメルボックスの作品と比べると、(ネタバレになってしまうので細かいことは言えないけど)設定とは別の横軸のストーリーに出来すぎ感があり、幾ばくかあざとさが気に触って素直に見られない部分もあった。

とはいえ、久々の舞台に、久々のキャラメルボックスということで、なんだかんだでぐいぐい引き込まれるものがあり、結局、楽しかったしまた観に行きたいなぁと満足して帰った。やっぱり舞台はいい。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

これ買いました:辻村 浩「Twitter API プログラミング」 [本]

TwitterのAPIの解説本。断片的にしか知らなかったので、一通り目を通した。

仕様が刻々と変化してる生モノなので、キャッチアップするにはWeb上のドキュメントを見るのが一番いいのだろうけど、とりあえずざっと簡単に(そして日本語で...)全体を概観するのに、良さそうだったので購入した(というか現時点で、意外にも類似の本があまり出ていない)。

一連のAPIが、体系的にまとめられ解説されているシンプルな内容。応用とかテクニックとかそういうのはあまり載っていない。必要最小限という感じだけど、一応複数スクリプト言語用にサンプルが用意されているので、真似してすぐ試せたりはできる。

自分はプログラムの参照用ではなく、要件をまとめる上で必要な、機能把握の意味で買ったのだけど、そういう目的で買うのにも無駄がなくていいと思った。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

これ行きました:ルーシー・リー展 [Art]

六本木クロッシングのついでに、六本木ヒルズからほど近い国立新美術館で開催している、ルーシー・リー 展も見てきた。

作品は大量に展示してあってそれなりに楽しめるのだけど、興味深かったのは作品とは別に、自筆のノートやメモなどが展示してあった点で、器を作る際の釉薬の配合や焼いた結果など、創作課程の記録を見ることができた。

そういった創作の裏側(といってもほんの一部だとは思うけど)を垣間見ると、あらためて作品に接した際に、色や質感に対して単にキレイだなぁと思う以上に感じるものがでてくる。そういう意味でも単にステキなだけではない、良い展示だったと思う。

あと、展示を見るまで全く知らなかったのだけど、ルーシー・リーがウェッジウッドと、ジャスパーのシリーズで作品を出そうとした企画があったらしく、その際の試作品が数種類、展示してあった。

結局、製品化は実現しなかったらしいが、ジャスパーのあの素材だと釉薬の技というかルーシー・リーっぽさがあまり表現されないような気もしたので、、、実現しなかったのも何となく頷ける気がする。普通のボーン・チャイナだったら、もっと素敵な作品ができたのではと、余計なコトを考えてみたり。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

これ行きました:六本木クロッシング2010展 [Art]

六本木ヒルズの森美術館で開催中の「六本木クロッシング2010展」を見てきた。

前回2007年の時は、(もう内容をよく憶えてないけど)ヘンな作品が多くてケラケラ笑いながらたくさん見て回った記憶があるのだけど、今回は良くも悪くもそういう感じは控えめだった印象。ハナから突飛なものを期待して行ったからかもしれないけど。。

そんな中で、期待に応えておかしかったのが、ポスターなどの表紙にも使われている音のインスタレーション、、、というか一見ゴミの寄せ集めみたいな「何か」。

ドライヤーやドリル、掃除機など家電製品を中心に寄せ集めた構築物なのだけど、それらの家電のオン・オフをプログラムし、ギターやレコードプレイヤーのピックアップで音を拾い上げて、結果、かなりカッコイイリズムマシンにしてしまっていた。後方にロボットタイプと車タイプの計3台でアンサンブルしてて、うるさくて邪魔なのだけど、ちょっと欲しくなる感じ。

あと別の展示で、ピンクフロイドやクラフトワークからBeckまで、CDやレコードのジャケットを手書きで再現し、そして音楽内容までも自分の肉声のみで再現している作品があった(←実際、見てみないと意味が伝わらないと思う...)。違う意味での〝完コピ〟だったので衝撃的。

その他、車載カメラの素材を元にした映像作品とか、不気味な写真とか、印象的な作品は幾つかあったので行って良かったと思う。

ただ心残りなのは、まさにメインと思っていたダムタイプを(85分のビデオ作品)、時間の都合で見ることができなかったことで、HPにタイムテーブルが載っているので、行く人は事前に計って行った方がいいかも。。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。